通信教育の選び方

小学生向けオンライン学習の通信教育3選!自宅で授業が受けれておすすめ

小学生向けオンライン学習の通信教育3選!自宅で授業が受けれておすすめ

小学生向けの通信教育はたくさんあります。この記事では、オンライン学習に特化した通信教育を紹介していきます。

オンライン授業というのは、動画配信授業になります。一人でコツコツと取り組むのではなく、動画授業を視聴して学習を進めていきます。

通信教育というよりは、塾の授業を自宅で受講できるものという認識の方が正しいかもしれません。塾に通うよりも、受講料もとても良心的なので、しっかりと使いこなせればとてもコスパは高いと言えます。

小学生向けオンライン学習の通信教育を紹介します

授業を視聴するタイプの小学生向けオンライン学習の通信教育3社を解説していきます。

東進オンライン学校

小学生向けオンライン学習の通信教育3選!自宅で授業が受けれておすすめ

中学受験塾で有名な四谷大塚と大学受験予備校の東進がタッグを組んだ東進オンライン学校。

東進は映像授業のノウハウを蓄積しているので、そこに四谷大塚の授業内容が盛り込まれたオンライン授業の通信教育になります。

対応教科 国語・算数・理科・社会
受講料金 【1,2年生 算数・国語】
月額 2,497円

【3~6年生 算数・国語・理科・社会】
月額 3,762円
月払いの価格になります
その他の詳しい料金は公式サイト(東進オンライン学校 小学部)でご確認下さい

 

東進オンライン学校のおすすめポイント
  • 東進の映像ノウハウと四谷大塚の授業の最強タッグ!
  • 対面ではない分、受講料金が安い!実際に塾に通うことを考えるとコスパが高い!
  • 確認テストなども実施されるので、理解の確認もできる!
小学生向けオンライン学習の通信教育3選!自宅で授業が受けれておすすめ

東進オンライン学校では資料請求はもちろんのこと、お試し入会も実施しています!実際の雰囲気がわかるのでおすすめです。

◆東進オンライン学校の公式サイトを確認する
小学生対象/学力UPの秘訣や、授業の魅力が満載の資料をお届け!

 

ONEネット学習

小学生向けオンライン学習の通信教育3選!自宅で授業が受けれておすすめ

ONEネット学習は、自宅にいながらいつでもネット学習ができる通信教育に対応学年が小学4~6年生の高学年のみになります。

すべての教科が見放題、全学年視聴できるので先取ることもできるし、見返して復習することもできます。

対応教科 国語・算数・理科・社会・英語
受講料金 月額 3,300円

 

ONEネット学習のおすすめポイント
  • 単元ごとに少ない時間(約12~18分)から学習できるので、自分の必要な学習を集中してできる!
  • わからない時は、メールなどで質問できる!

◆ONEネット学習の公式サイトを確認する
ONEネット学習

 

スタディサプリ

小学生向けオンライン学習の通信教育3選!自宅で授業が受けれておすすめ

スタディサプリは動画配信による自宅学習コンテツになります。対応学年が小学4~6年生の高学年のみになります。

動画は、過去分はもちろん学年を超えた授業も見る事ができるので、復習はもちろんのこと先取り学習にも利用することができます。

受講料金もリーズナブルなので、動画授業を上手に使いこなせればかなりお得な価格になると思います。

対応教科 国語・算数・理科・社会
受講料金 2,178円
月払いの価格になります

 

スタディサプリのおすすめポイント
  • 予備校講師などで指導実績のある一流講師陣の動画配信授業を受講することができる!
  • 学年を超えて動画を見れるので予習・復習に活用できる!

スタディサプリでは14日間の無料体験をすることができます。検討中の方は是非申し込んでみて下さい!

◆スタディサプリの公式サイトを確認する
プロ講師の指導でニガテ解消!学習習慣を身につける【スタディサプリ】

 

小学生向けオンライン学習の通信教育のメリット

小学生向けオンライン学習の通信教育のメリットについて解説していきます。

塾への通学なしに授業を受けることができる

オンライン学習の最大のメリットは通学がいらないことです。塾への通学は夜遅くなってしまいます。満員電車に乗る必要があったり、夜道を歩かなければならなかったりと心配な部分も多くなります。

また、お子さん以外の理由で学校が休校になったり、外出できない理由ができた場合などにもオンライン学習であれば自宅で受講することができます。

 

授業形式で説明を受けながら学習するのでわかりやすい

これまでの通信教育であれば、紙教材にしろタブレット教材にしろ、自分で目を通して自分で取り組んで自分一人で完結するものでした。

オンライン学習の通信教育であれば、塾や学校のような講師の先生の授業を聞いて学習を進めていきます。

耳から入ってくるものは理解度が大きく異なります。お子さん自身も一人で勉強しているという意識がなくなって面白みも増えると思います。

 

一流講師陣の授業を受けることができる

四谷大塚にしろスタディサプリも一流の講師陣であることを謳っています。それくらい充実した内容の授業である自身の現れかと思います。

同じ塾でも教室によって教える先生が異なるので、違いがあるのが当然です。しかし、オンライン授業であれば、全国どこからでも同じ授業が聞けるという点ではメリットなのではないかと思います。

 

小学生向けオンライン学習の通信教育のデメリット

小学生向けオンライン学習の通信教育のデメリットについて解説していきます。

自宅で一人で授業を受けるので集中力が散漫になる

オンライン学習の通信教育のデメリットは、自宅で一人で受講することです。対面で授業を受ける時は、目の前に先生がいるという緊張感やまわりの友達がいるという気持ちとで集中力が高まることがあります。

自宅で一人で受講するとなるとそういった緊張感がなくなることと、いつもいる部屋だからこそダラダラしてしまい集中力が欠けてしまうことがあります。

 

授業を受けたことだけで満足してしまう

通信教育なので、常に誰かがチェックしているわけではありません。塾であれば、どれくらい理解しているかをある程度チェックしてもらえる部分があります。

自宅でオンラインで受講すると、やった気になってしまう恐れがあります。授業を視聴したら、それだけでできた!という気分に陥ってしまいがちです。

但し、東進オンライン学校 小学部はチェックテストなどを実施するので、授業を見るだけでやった気になっているのを防いでくれる仕組みも作られています。

 

この記事のまとめ

この記事では、オンライン授業での受講する小学生向け通信教育を紹介してきました。

塾のように通学するスタイルと異なり、自宅でオンラインで受講できるメリットは多くあります。

但し、その反面デメリットもあると思います。

年齢や現在の状況などに応じてこういった通信教育を利用する時もあってもいいのかと思います。その時にあった学習スタイルを上手に選んでいく上で一つの選択肢なのではないでしょうか。

小学生向けのおすすめ通信教育を理系ママが徹底調査&解説!
小学生向けのおすすめ通信教育を理系ママが徹底調査&解説!小学生向けの通信教育にはタブレット学習や無学年制やレベルの高いものなど種類は様々です。それぞれの特徴やパターン別のおすすめ通信教育を紹介しています。検討中の方はぜひ参考にしてみて下さい!...