その他の通信教育

ブンブンどりむを効果的に活用するために必要なこと!作文強化の通信教育

ブンブンどりむを効果的に活用するために必要こと!作文強化の通信教育

ブンブンどりむは小学生向け作文通信教育講座です。他にはない「作文」に特化した内容になっています。

学校では文章の書き方を細かく教えてもらうことがなかなかないと思います。しかし、書く力は大人になってからでも必要ですし、あらゆる力に通じるものでもあります。

この記事では、ブンブンどりむについて詳しく解説していきます。

ブンブンどりむの情報

★2022年12月25日までに無料体験キットを申し込むと特典としてクリアファイルをプレゼント!来年度新1年生にはあいうえお表も!

ブンブンどりむを効果的に活用するために必要なこと!作文強化の通信教育出典:ブンブンどりむ公式サイト

★ブンブンどりむの公式サイトはコチラ!
小学生向け作文通信教育講座ブンブンどりむ(公式サイト)

ブンブンどりむは「作文」に特化した通信教育

ブンブンどりむを効果的に活用するために必要なこと!作文強化の通信教育出典:ブンブンどりむ公式サイト

ブンブンどりむは、「国語力」に着目した通信教育になります。「国語力の達人」である齋藤孝先生(明治大学教授)の監修のもと作られています。

「考える力」「読解力」「想像力」を育む工夫がふんだんに凝らされた教材です。

これらの力を育むことによって、国語に限らず他教科の成績も自ずと向上させることに繋がっていくことが最大のポイントです。

書くことの重要性がなかなか浸透していないのか、「作文」に重きを置く方が少ないかもしれません。しかし、書く力がつくことで、自分自身を表現する説明力などの向上にもつながっていくと思います。

対象学年 小学1~6年生
対応教科 作文
受講料金 月額 4,510円(税込)~
学年、支払い方法により異なる
教材 紙教材
その他のサービス ・添削課題
・作文力判定テスト
・問題解決力ドリルが年3,4回届く
バンビ
バンビ

ブンブンどりむの最大のメリットは、「添削課題」があることです。こういったものがないと、やりっぱなしになったりします。

特に作文は、明確な正解がないだけに親だけで添削をすることが難しいです。ブンブンどりむの赤ペンコーチによる指導とアドバイスで、どうしていけばいいのかを理解することができます。

★ブンブンどりむをもっと知りたい方は!
小学生向け作文通信教育講座ブンブンどりむ(公式サイト)

 

ブンブンどりむのような作文に特化した通信教育はなぜ必要なのか?

作文に特化した通信教育は珍しいです。しかし、国語だけでなく全ての教科に、さらには社会に出た時に必須スキルではないでしょうか。

では、なぜこういった作文に特化した「ブンブンどりむ」のような通信教育が必要なのでしょうか?

学校では作文を書かされるけど、書き方は教えてくれない

高校入試で記述問題が増えてきていてる

文章を書けなければ頭の中を論理的に整理ができない

 

ブンブンどりむを効果的に活用するために必要なこと

ブンブンどりむを効果的に活用するために必要こと!作文強化の通信教育出典:ブンブンどりむ公式サイト

「作文」は苦手と思っているお子さんが多いと思います。それだけに、受講した際には、親御さんも力が入ってしまうかもしれません。

ブンブンどりむでは、作文を強化するために「思考力・判断力・表現力」養いながら体系的に学習をしていきます。スモールステップで段階を踏んでいきながら、最終的に作文力を鍛えていくのです。

大切なことは、「そっと見守る姿勢」です。最初から制限をかけすぎてしまうと、文章はかけなくなってしまいます。自由に書かせてあげると意外に書けるのに、「こうでなければならない」という縛りがあることで書けなくなることがあります。

学校の宿題などでは、なかなかそういったゆっくり見守ることが難しかったりもしますが、通信教育であればお子さんのペースで取り組めます。ゆっくり見守りながら、段階を踏みながら鍛えていくことがベストではないでしょうか。

 

ブンブンどりむを受講するメリット・デメリット

ブンブンどりむはこれまでになかった作文特化の通信教育です。お子さんによっては、全教科型の通信教育を選ぶ方がベストな場合もあれば、塾などに通った方がいい場合もあるかもしれません。

そういったことをクリアにするために、ブンブンどりむを受講する上でのメリット・デメリットを確認しておきましょう。

メリット

ブンブンどりむを効果的に活用するために必要こと!作文強化の通信教育
  • スモールステップで進めていける
  • 月2回の添削で自分の力を知ることができる
  • 作文力を上げることで国語以外にも活かすことができる

ブンブンどりむは、これまでにない「作文」に特化した通信教育です。どりむ社が20年以上にわたり培ってきた豊富な作文指導実績により作文を強化していきます。

いきなりどんっと!作文を書くわけではなく、スモールステップから進めていきます。さらには、月2回も添削提出課題があります。

 

デメリット

  • 受講料金が高い
  • 通信教育で作文を勉強することでより抵抗感が生まれる場合がある
  • 自分で進めていくことが難しい場合がある

デメリットをあげるのはとても難しいのですが、あえて一つネックになるのが受講料金かと思います。

「作文」という一科目だけで月々約5,000円となると、なかなかハードルが高いと思います。

お子さん自身に作文を強化したいという強い思いがあれば別ですが、そうでない場合は取り組む習慣を身につけるだけでも一苦労と言った状態になる可能性もあります。

そういった懸念がある場合にあえておすすめするとしたら、一般的な通信教育で記述が多いものに取り組むのも一つの手段かと思います。例えばZ会の思考・表現力などは、じっくり考えて、文章で説明する問題などもあったりします。「作文」と言われるだけで苦手な反応を取ってしまうお子さんも、できる限り自然な形で文章を書くことを実践できるのではないでしょうか。

★Z会思考・表現力をチェックする!
Z会小学生コース

Z会小学生コース「思考・表現力」はオススメ!受講してみたわかったこと
Z会小学生コース「思考表現力」はオススメ!受講してみたわかったことZ会の思考表現力を2年間受講した息子!読み込む力や考える力が鍛えられました。実際に受講したからわかる感想や口コミ、おすすめポイントを解説していきます。...

 

ブンブンどりむの受講料金

ブンブンどりむ受講料金になります。入会金等はなく下記の受講費のみの支払いとなります。

12ヵ月一括払い 6ヵ月一括払い 毎月払い
小学1年生 4,510円 4,719円 4,950円
小学2~6年生 4,972円 5,203円 5,445円

※税込価格
※一括払いの場合は月額料金で表示しています

また、兄弟姉妹で受講する場合は、きょうだい割引が適用されます。詳しくは公式サイトでご確認下さい。

★ブンブンどりむの受講料金について公式サイトでチェックする!
ブンブンどりむの受講料金(ブンブンどりむ公式サイト)

 

まずは無料体験キットを申し込んでみて下さい!

ブンブンどりむを効果的に活用するために必要こと!作文強化の通信教育

ブンブンどりむは作文に特化した珍しいタイプの通信教育です。そもそもどんな内容かイメージが湧きにくいと感じる方も多いと思います。

また、作文に特化しているだけに、「お子さんに合うのか?」とか「内容は価格相応なのか?」などわからに部分も多いと思います。

その為にも、無料体験キットを申し込むことをおすすめします。無料体験キットは全学年分が含まれているので、どの学年ではどういった内容なのかを把握することができます。

★ブンブンどりむ無料体験キットの申し込みはコチラ!
ブンブンどりむの資料請求(ブンブンどりむ公式サイト)

 

ブンブンどりむ以外で作文を鍛える通信教育はZ会

「作文」に特化した通信教育ということで、他と比較した上で選ぶということがなかなか難しいです。

唯一比較するとすれば、Z会の作文講座があります。5,6年生のみ対象となる講座になります。月あたりの学習量は、1回40分程度×3回の学習と1回の添削問題になります。月額2,805円(税込)~(支払い方法により異なる)になります。

受講費だけで比較するとZ会が圧倒的に安いですが、作文の教科と言う観点では特化したブンブンどりむの方が細やかに学習ができるかもしれません。

★Z会作文講座の資料請求をしてみたい方はコチラ!
Z会小生コース

 

ブンブンどりむのまとめ

ここまでブンブンどりむについて解説してきました。苦手とわかりつつも、受講するにもなかなかハードルが高いというのが本音かと思います。

しかし、なかなか文章を書くことを指導してもらえる機会がないことを考えると、一度試してみるのも一つの手段ではないかと思います。